1. HOME
  2. ブログ
  3. タカラスタンダード株式会社様 ショールーム訪問

タカラスタンダード株式会社様 ショールーム訪問

真夏になる少し前、
キッチンや水回りでお客様とよく訪問するタカラスタンダード株式会社様の
とても広いショールームを訪問取材させていただきました。

あらゆるニーズにこたえるキッチン

広いショールーム内にはキッチンからバス、あらゆる水回りが展示されています。

キッチンは、様々な色やデザインがそれぞれの用途の特徴を持っていて、説明を聞いていて飽きません。どのキッチンも素敵ですね。
もしキッチンを変えるとすると、迷いますが・・・これだけ種類があればぴったりキッチンが見つかるはずです。


にちむらに問い合わせのあったお客様ともよくこのショールームにきて具体的な資料を前に検討してもらいます。
生活のオアシスともいえるキッチン。じっくり時間をかけて、実際に見てもらい決めてもらいたものです。

 

ホーロー技術満載のバス

タカラと聞いて、「ホーロー」のことを思い出す人も多いはずです。
漢字で書くと、こんなに難しい!琺瑯!

意味を調べるとこんな感じです。あんと、紀元前1500年近く・・・なんとも歴史のある技術でした。
タカラのホーローに関する説明は、以下のリンクから
タカラホーロー解説
————————————————————————

琺瑯(ほうろう)は、鉄、アルミニウムなどの金属材料表面にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。難解な漢字のため「ホーロー」と表記されることが多い。英語では Enamel(エナメル)。「琺」は釉薬、「瑯」は金属や玉が触れ合う音、また美しい石の意。

(金属材料由来の)機械的耐久性と(ガラス質由来の)化学的耐久性をあわせ持ち、食器、調理器具、浴槽などの家庭用品や、屋外広告看板、道路標識、鉄道設備用品、ホワイトボード、化学反応容器などに用いられる。工芸品の琺瑯は七宝と呼ばれ、素地には主に銅、銀、金などが使われる。

その歴史は古く、紀元前1425年頃に製作されたと推測される世界最古の琺瑯製品とおぼしき加工品がミコノス島で発見されている[注釈 1]。また、ツタンカーメンの黄金のマスクの表面には琺瑯加工が施されている。

 

新ライフスタイルに適した蛇口

COVID-19対策を考えている皆様も多いと思います。ショールームでは、センサーで反応する蛇口もしっかりと展示されています。とてもモダンなデザインです。

ちゃんと、にしむらの畳もありました。
お子さんをお連れしても、ちゃんと遊んで待てるスペースもしっかりとあります。


ウェブサイト
https://www.takara-standard.co.jp/

〒604-8101
京都府京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル1F

営業時間10:00~17:00休館日水曜日(祝日を除く)・お盆・年末年始

商品展示台数キッチン 13台
お風呂(浴室) 10台
洗面台(洗面所) 8台
トイレ 3台

関連記事

  • 関連記事はございません。